<< インフルエンザ | main | 指の側副靭帯応急処置 >>
成長ホルモン
国家試験勉強中に今後ためになりそうな情報を記しときます

成長ホルモン(GH)

作用
 成長促進作用 長骨骨幹端の軟骨細胞に作用し骨の長さを伸ばす

 筋、心筋、膵、肝、腎などの増殖肥大
 
 炭水化物代謝:グルコース放出を促進、組織への取り組みを抑制し血糖値を上げる
 
 脂肪代謝:中性脂肪の分解を促進し血中遊離脂肪酸を上げる

分泌期 
 睡眠時に著明に分泌される
 
 食後2〜3時間後の空腹時にも突発的に分泌
 
 絶食、低血糖、運動時などにも分泌
 
 さらにはストレス、発熱、麻酔などでも


なるほどね

まさに「寝る子は育つ」!!

食べて2〜3時間後ってことは・・・

1、食べる 運動約2時間前

2、動く GHが分泌され出す時間に開始 分泌されるGH

このとき、筋トレ等で自身の持つ筋肉パワー以上のことをすると

GH「筋肉が悲鳴をあげている!もっと強くしなくちゃ!」

結果、成長促進!

さらに運動したことによりさらに分泌されるGH

GH「わお!筋肉が痛んでる!早く回復させなくちゃ!もっと強くしなくちゃ!」

結果、成長促進!!

3、食べる 運動終了約1時間後

4、寝る 食後約2〜3時間後

食後分泌されるGHと睡眠時分泌されるGH(大量のGH分泌)

食GH「おう睡眠GH!一緒に成長を促進しようぜ!」

睡眠GH「やあ食GH!OKやってやろうぜ!」

結果成長促進!!!

まあこんなもんか

トレーニングプログラムにうまく取り入れてみよう
カテゴリ:easeup的栄養学 | 14:20 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする










ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア